天然サプリメントと合成サプリメントとの見分け方


サプリメントには天然サプリメントと合成サプリメントがありますが、どのように見分けたら良いのでしょうか。

一番の違いは価格です。

合成サプリメントに比べると天然サプリメントはかなり値段が高いようです。

安いものは合成サプリメントだと思って間違いありません。

日本国内で製造されているサプリメントは、海外のサプリメントと比較して合成成分のサプリメントが多いといいます。

素材そのものの色がサプリメントに反映されていると、天然サプリメントの色は華やかさがありません。

合成成分が原材料になっているサプリメントの場合、白っぽく、きれいな色が多く見られるようです。

添加物や着色剤を使用して加工してかるからです。

合成サプリメントのほとんどは飲みやすく加工されているので無味無臭です。

独特のにおいや味がするものは天然サプリメントだといいます。

サプリメントにはカプセル状のものがたくさんありますが、カプセルの継ぎ目がないものは合成です。

カプセルに継ぎ目のないものは減少に身体によくない添加物が使われている可能性があります。

ゼラチンで作られたカプセルの場合、カプセルには接ぎ目ができてしまうので、判断基準になります。

今時のサプリメントは合成か天然かわからないようなものも多く、一概に判断はできないようです。

天然のサプリメントを購入したいと考えている人は、しっかりと確認することが重要です。